Bio ー経歴ー

Screen Shot 2015-06-27 at 4.29.23 PM

山田裕吉

(やまだゆうきち、Yamada Ukic 、1982年3月19日) 日本の絵描き。Japanese painter.

大阪市在住。

人物を白と黒のみのシンボリックなフォルムで表現。

白は目、黒は心で、観る人によってそれぞれの人生観で感じてもらえれば幸いです。

 

1982年大阪府吹田市に生まれる。2歳の時、三重県名張市に移り住む。

幼少期から絵を描く事に興味を持つ。奈良県の美術科高校に進学する。

高校卒業後一年間、様々な経験を積むため、職を転々として過ごす。その後、専門学校で広告デザインを学ぶ。再び大阪へ移り住む。

専門学校を卒業後、23歳でグラフィックデザイナーとして就職。

25歳でグラフィックデザイナーを退職し、フリーの商業イラストレーターになる。

仕事の傍ら自身の作品作りに没頭するも発表には至らず。

32歳の時、アートコンクールに初めて応募し、ギャラリー賞を受賞。これをきっかけに本格的に作家活動を開始する。

大阪を中心に東京、京都、兵庫、滋賀、アメリカ、カナダ等で、作品を発表する。

また、ライブペイントでミュージシャンやパフォーマーとのセンションも数多く行う。


I was born in Suita-shi, Osaka in 1982. At 2 years old, I moved to Nabari-shi, Mie.

Since when I was childhood i was interested in draw a picture.

When I was 18years old, even I had a degree in corse of art in high school.

Work is spent as rolling on to gain various experience for one year. After that advertisement design is learned at a college. I emigrate to Osaka again.

After graduating from a college, I get a job as a graphic designer by 23 years old. But the dream which becomes a painter can’t be thrown away, and I retire from a graphic designer.

It’ll be a free commercial illustrator by 25 years old. In work making which is itself, making up with work, it’s immersed, I don’t come to an announcement.

At 32 years old, I apply for an art contest for the first time and win a gallery prize. Author activity is begun taking this as a start.

And an exhibition, a group exhibition and live painting are active using Kansai as a foothold mainly up to now.